電子地図活用

(2001.01.15作成)

市販のコンシュマー向け電子地図の活用方法に関する私なりのメモです。
できれば、簡易GIS的な使い方できればと思っています。

本格的なGIS活用を目指している方は、その道のプロにコンサルティングを受ける方がよいでしょう(とんでもなく高いです)が、パーソナルな範囲で、電子地図活用を目指している方の何かの参考になれば幸いです。

なお、私は、仕事でArch info、Mapinfo、Zenrin住宅地図表示システムなどに触ったこと(といってもちょっとだけデータ表示してみたことがある程度)があるだけのGISの入門者レベルですので、プロの方からみればとんでもないことを言っているかもしれません。


<電子地図との出会い>

電子地図がパーソナルに利用できるようになったのは95年以降ぐらいのことであり、ここ数年のことです。
その間、いろいろな地図が店頭に並んできましたが、最近はだいぶ集約されてきた感もあります。

私が個人で最初に電子地図の可能性に注目したのは、@nifty(当時はniftyserve)FDEVICEでpioneerのカーナビ用地図をパソコンで利用するdmapwinでした(今は地図データが入手できないと思いますが、そのソフトの開発物語が「パソコンGPSガイドブック97」に詳しく記述されています)。

その後、ぞくぞくと市販の電子地図が登場してきたのですが、外部データを取り込んで表示したりする機能がインプリメントされている点から、プロアトラスシリーズとmapfanシリーズを購入してみました。プロアトラスシリーズは、OCXの情報が公開されプログラムから利用することも可能でした(現在も限定的ながら継承されています)。mapfanも可能であったとは聞いていますが、プログラムを配布できないという問題があったようです。

その後、プロアトラスシリーズはMapServerScriptというテキストファイルを用意することで、地図上にいろいろな情報を表示できるようになり、この機能を使って、パーソナルな利用における簡易GISができないものかと考えるようになった次第です。
(他のページと重複した記述があるかもしれません。。。)

最近は、プロアトラスやmapfanでは開発キットが発売されており、電子地図を用いたプログラム開発も容易になりつつあります。ただし、パーソナルでは高くて開発キットは購入できませんが。。。
また、プロアトラスとmapfan以外の電子地図でも、外部データのインポート機能やOLEを経由した外部プログラムとの連携機能なども実装されているのが常識になってきているように感じます。

<電子地図とGISに関する所在源情報>---パーソナル利用の範囲。業務用は数え切れないほどたくさんあります。

@Nifty FGPS(電子地図一般) FYAMAP(国土地理院地図、GISなど) FBIRD(図鑑シリーズ)など
GIS soft MANDARA(シェアウェア): http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se144961.html
Kashmir:http://www.kashmir3d.com
非常に多機能なソフトです。私は、電子地図とGPS関係の機能しか使っていませんが、他にもいろいろ活用方法があるでしょう。。。
このような多機能ソフトがフリーで、かつ頻繁にバージョンアップしているところがすごいです。
Sony:http://www.vaio.sony.co.jp/software/
IncrementP(mapfan):http://www.incrementp.co.jp/indexj.html
センリン(ZIII、NavinYou&Gtrex用地図等):http://www.zenrin.co.jp/
アルプス社(プロアトラス):http://www.alpsmap.co.jp/
国土地理院及び日本地図センター:http://www.gsi.go.jp/
ILL(3D世界地図、Mapbrother等):http://www.yamatabi.net/main/index.html
住友電工(Atlasmate):http://www.sesys.co.jp/product/atlasmat/index.html
昭文社(スーパーマップルデジタル):http://www.mapple.co.jp/index.htm
Microsoft(リファレンス製品):http://www.microsoft.com/japan/reference/default.htm

Delorme:http://www.delorme.com/

USGS:http://www.usgs.gov/

<電子地図及びその関連製品一覧>---2001.01.15更新(情報の整理がまだまだです)

電子地図
(順不同)
私の所有状況(version)及びその用途 DVD版の有無(*1) インストール後、地図データ参照先ドライブを変更可能かどうか。 外部データとのインターフェース

プログラム言語とのインターフェース

外部プログラムとの連携(年賀状ソフト、経路検索ソフト等)
いわゆるCGISへの対応 GPS対応状況 exif file with GPSifd対応 私の評価(感想等含む)及び備考
Sony
NavinYou
Gtrex

○ PCナビ機能
○ 思い出整理
可能 Map Server Script 可能 ○ただしIPS及びHGRシリーズのみ 電子地図ブラウザーとも位置付け可能
mapfan ○IVまで所有。windowsCE用地図きり出し等 × 可能 可能 DVD版の発売が待ち望まれます
outlookとの連携も可能
メッシュコードの表示が可能な点は地図として評価できます。
windowsCE及びZaurusとの連携可能
条件付きながら位置情報付きexif fileに対応
mapfan5からパソコンナビ機能が復活
カーナビとの連携機能あり
Zenrin ZII(CDROM版)
Zenrin ZIII(DVD版)
○ルート検索結果の活用(gpslogcvも利用) 可能 ○IPSのみ outlookとの連携も可能
ソフトのインストールに利用したドライブと異なるドライブにCDROMをセットしても利用可能な点は評価できます
ZIIはCasioE500とは連携可能
Proatlas(DVD版)
空撮プロアトラス
○ DVD版があるのでデスクトップでの常用地図として利用
GPSのログ表示
デジカメ画像と連携して思い出整理
mpsファイルを利用した簡易GIS
2001から可能 Map Server Script

OLE

OCX
可能 Zaurusとの連携可能(さすがにザウルスのVGA TFT画面でみると非常にきれいな地図が携帯端末で参照できます。)
windowsCEとの連携が今後望まれます(フリーソフトを使えば現在でも可能です)
Sonyとの提携でPalmにも切り出し可能になるとか?
位置情報付きexif fileに対応
OCXの情報も公開(FGPS限定)
電話番号検索をするには、Geoatlasが必要なのは時代後れ?
Geoatlas2000 ○ プロアトラスと連携した事業所名検索 未確認 Map Server Script 可能 Proatlasと連携可能
国土地理院
数値地図 50mメッシュ25000分の1地図画像
200,000分の1地図画像
○ Kashmirまたはmapbrotherで利用
GPSのログ表示
今後簡易GISの分野でも利用したい
可能 LML
NDBファイル等
可能 exififd.exeを組み合わせてkashmir用LMLファイルを作成することで可能 単独ではあまり使い道なし(バンドルされているソフトも貧弱?)--->Kashmirと組み合わせて真価を発揮!
25,000分の1地形図については無償提供されているものもあり。
地方の田舎では国土地理院25,000分の1地形図に勝るものなし。
ILL
3D世界地図
3D日本地図(図鑑シリーズも含む)
○ Kashmirまたはmapbrotherで利用
GPSのログ表示
可能 LML
NDBファイル等
可能 同上 ソフトのインストールに利用したドライブと異なるドライブにCDROMをセットしても利用可能な点は評価できます
住友電工
Atlasmate
× 有(ただし店頭で未確認) 未確認 未確認 未確認 未確認 version5からGPSにも対応したようだが、Garminに対応していないなど対応が中途半端との話を聞く。。。
Super mapple digital × 未確認 未確認 未確認 ○機能は未知数 未確認 全国を5万分の1でカバーしているようなので、田舎には有用?
Microsoft
地球百科義World Atlas2000
○DVD版は高くて買えずCDROM版を購入 有(ただし他のソフトも同梱) × × 可能 mappin機能は有用なのだが、データをインポートできればさらに活用が広がるのではないかと感じる。
なお、電子地図の評価にに関しては、FGPS LinkProjectからたどれるFUKUさんのページhttp://member.nifty.ne.jp/FUKU/や他のページでも何回も紹介しているgigo's webのBBSの 2000/12/13(Wed) 12:41のログも参照するとよいと思います。

宮崎県高千穂町の地図の状況(私の人生で一番長い間(9年間)住んでいた家があるところ)を見比べてみたいと思っています。

外国の電子地図もたくさんあるのですが、購入に至っておりません。MicroSoft(アメリカ、ヨーロッパ)、Delorme(Street Atlas等)などが有名ですね。
USGSのデータなども活用すると有用そうですが、そこまで至っていないのが残念なところ。。。
(*1)仮想CDROMを作成すればいいのかもしれませんが、何枚も地図データがある場合さ
すがにHDDの空き領域にも限界があるので、DVD版は必要なように感じます。

(注)「×」と「−」との違いはほとんど気分です。

<電子地図総合チェック結果(私の場合)>


(1)PCナビ機能としてはNavinYou
(2)DVD版がありデスクトップ機での常用にたえうるZenrin ZIIとProatlas(AtlasmateもDVD版発売予定)
(3)ルート検索結果の活用用としてはZenrin ZII(gpslogcvも利用)
(4)簡易GIS用としては、マップサーバー機能があるProatlas(kashmir+国土地理院数値地図も活用次第では)
(5)windowsCEでの利用としてはmapfan(Zaurus対応ならProatlasも加わるのですが、Zaurusは念頭になし。Palm系の動向はちょっと気になるところ)
(6)GPSifd付きexif file対応としてはGtrex(mapfanとProatlasは現在のままでは中途半端。mapfanはドラッグアンドドロップができない。両者とも改善の余地ありと感じている)
(7)ユーザー作成ソフトとの連携ではProatlas(Gpsplayer32、ナビトラMap等含む)
(8)GPSでとった走行ログの表示整理には国土地理院数値地図+kashmirまたはProatlas。たまに3D世界地図。


<電子地図利用上の工夫(私の場合)>

(作成中)

<Kashmir活用(私の場合)>

(作成中)