[GPS&電子工作の話題のページへ]

Linux&JupiterでTimeServer構築(β版)

本ページは、SPAで発売されているジュピター(Jupiter)という安価なGPSユニット(付加回路を要工作)を用いてLinux上にxntpを導入した経験談を取りまとめたものです。自宅のパソコンの時刻あわせにGPSとntpが必要か?と問われると困りますが。。。
素人がやっていることですので、大したことはできていませんが、xntpを導入したいというユーザーのお役に立てれば幸いです。

なお、私の理解不足から間違った記述がありましたら masaaki@attglobal.net までご連絡いただければ幸いです。


このページも作成をして早3年近くが経過しました(2001.06.05現在)。
だいぶ内容も古くなっています。ntp v4の最新のソースを見ると、1PPS+NMEAでもcom port1つでntpが利用可能になっているようです。
また、Linux用ppskit(kernelソースへのpatch)は、ftp://ftp.kernel.org:/pub/linux/daemons/ntp/PPSにおいても配布されています。

PPS信号は、ICで波形の整形をしなくても、ジュピター等のTTLレベルの信号で立ち上がりエッジUTC同期している場合は、経験上Dsub9pinコネクタの1pinに直接入力しても大方大丈夫です。これは、オシロ等で波形や信号遅延時間を観察した上で結論を出しているわけではなく、単に面倒な配線を減らすためです。それでもアマチュアには十分なことと思います。
オープンコレクタとかの場合は回路にちょっとだけ工夫が必要です。

たぶん、うちのkernel v2.0.32マシンでは1ms程度の精度でしか内蔵時計は校正できないようです(2001.07.10)。

Linux kernel v2.0.34(PPSkit適用済)上でntp v4.0.99m-RC2をコンパイルしてみましたが、とりあえずコンパイルはできました(warningはいくつかあり)。
しかし、だいぶntpの構造が変わっているようで、古いkernel+PPSkitではjupiter用のドライバーが導入されず。Linuxの入れ直しから始めないといけないかな。。。
PPSkitのinstallファイルやntpのソースをみると、/usr/include/sys/timepps.hがないと1PPS利用関係のドライバーはインストールされないようです。 PPSAPIがRFC-2783として標準化されていることによるのでしょう。
xntp v3.5.93ではppsclock.hがないといけなかったのですが、だいぶ状況が変わっているようです。

最近知ったのですが、http://www.darksmile.net/GPS/gpsindex.htmlにLinuxでTimeServer構築のHowToが掲載されています。GPSはMotorolaのOncoreを使った例です。
私も会員のtaprの会員の方のようで、taprのMLでもよく話題を提供されている方です。
(2002.12.14)


1PPS及びRockwell binaryデータ対応ドライバーの活用に当たっての準備
ソフト(OS のkernel)面の準備について
ハード面の準備
1PPS活用のためのxntp導入
xntp導入に伴う各種設定及びxntp動作確認
xntpdデバックモードでの動作確認-98.07.25作成

あなたは 番目の来訪者です