秋月電子製 AKI-PIC プログラマー利用記

(2001.02.04更新)


このページは、秋月のPICプログラマーキットの利用記を徒然に記したものです。
私自身のオリジナルの内容は全くありませんが、GPS関連でもいくつかPICで作成されたものがあるので、それらを(いつか)利用したい思っています。。。

<関連情報>

PICfunhttp://www.picfun.com/
有名なサイト。このサイトを運営されている方が書かれている「PIC活用ガイドブック」(技術評論社)は値段もこなれていて、中味も有用なように感じています(立ち読みしただけですが。。。)。赤外線リモコンなどの話もあります。詳しくは、このサイトにある本の目次をみてみるとよいでしょう。

DGPS機器M51をPICでコントロールhttp://www4.big.or.jp/~iii/GPS/GPS.htm

PICで作るGPSデータ表示装置(ナビトラ関係):CQ出版 CQ HamRadio 2000.2月号 http://www.ne.jp/asahi/ham/js1rsv/
(AKI-H8でナビトラ表示装置を作成する話題がCQ HamRadio 1999.5月号と「GPSパケット通信を楽しもう」という書籍にあります。詳細な情報は上記のJS1RSVさんのwebにあります)

doublerなどなど:AKI-H8+GPSの複合利用でもおなじみのgigoさんのページhttp://homepage1.nifty.com/gigo/ では4800bps--->9600bps変換プログラムなどが提供されています。digitaOS搭載のデジカメに9600bps出力のないGPSを接続する際に役にたつようです。

「PICマイコンを使おう」:CQ出版からトランジスタ技術の増刊としてECB No.4として出版されています。値段も980円と好感がもてます。
「PIC活用ハンドブック」:同じくCQ出版から2001.1月に発売になりました。PS2キーボードインターフェース、I2Cインターフェースなどの事例もあります。

トランジスタ技術2000.7月号:PICとAVRの特集があり、開発環境などの解説があります。PIC用フリーのCコンパイラーの情報などもあります。
http://www.htsoft.com/からPIC LiteというフリーのCコンパイラーを入手できます。

<秋月電子AKI-PICプログラマー情報>

2000年1月からキットがバージョンアップし、ver3となりました。

既存ユーザーのための「お引越しセット」なるものも限定1000キットで発売になっています。---既に売り切れています
この引越しセットは、基板とデータ・プログラムを収めたCDRのキットです。新しいコントローラー(rev.C)は含まれておらず、別途500円で購入するか自分でPIC16C57(250円)を買ってきて焼き込む必要があります。

私もお引越しセットを購入してみました。
このお引越しセットは40pin ZIFソケットも付属していますので、結構お得感があります。
何しろお引越しキット3400円+新コントローラー500円+max232相当品250円+uPD2003互換品100円+HD14066BP 50円でAKI-PICプログラマーキット6700円とハード部分は相当品になります(付属品CDRなどは除く)。
max232相当品及びuPD2003互換品は秋月でも購入できますし、HD14066BPは秋葉原ラジオ会館の部品屋さんなどで購入可能です。
と思っていたら4066は秋月のカウンターで40円で売っているのを発見しました(2000.08.18)。
CDRは別売りされていて入手可能ですから、結局、お引越しキットを買った方がトータルでもお得?という結果になるような。。。